スポンサードリンク

とっくに終わった話ですが、夏季休暇中につき完全に失念していました。次回選挙時に見返すための備忘録として結果と感想などを書いておきましょう。

結論としては、現職の上田清司氏が圧勝で4選を決めました。

 任期満了に伴う知事選は9日投開票され、無所属で民主党県連の支援を受けた現職上田清司氏(67)=維新支持=が、元米菓製造業の石川英行氏(52)、県労働組合連合会議長の柴田泰彦氏(62)=共産党推薦、元高校教諭の武田信弘氏(61)、元総務官僚の塚田桂祐氏(58)=自民党県連推薦=の無所属新人4人を破り、大差で4選を果たした。

出典:<知事選>上田氏、大差で4選 「多選」批判かわす

各候補の得票数は以下のとおり。上田氏が2位に2.5倍以上の差を付けて圧勝でした。

順位 氏名 党派 得票数
1 上田きよし 無所属(現) 891,822
2 つかだ桂祐 無所属(新) 322,455
3 柴田やすひこ 無所属(新) 228,404
4 石川英行 無所属(新) 49,884
5 たけだのぶひろ 無所属(新) 32,364

詳細な結果はこちら→埼玉県知事選挙(平成27年8月9日執行)結果 – 埼玉県

気になる投票率は以下のとおり。前回(2011年、24.89%)から上がったとは言え誤差の範囲と言えましょう。

有権者数 5,856,376
投票者数 1,559,612
投票率 26.63%

ちなみに市町村別のベスト5はこちら。山間部に固まっていることがわかります。

順位 市町村名 投票率
1 小川町 57.60%
2 東秩父村 54.72%
3 杉戸町 47.24%
4 越生町 38.69%
5 横瀬町 37.29%

ワースト5はこちら。県東南部の東武伊勢崎線(スカイツリーライン)沿いが多いようです。

順位 市町村名 投票率
68 草加市 24.32%
69 八潮市 21.79%
70 松伏町 21.37%
71 三郷市 21.32%
72 川口市 20.94%

ちなみにうちの地元入間市は37位で平均よりちょい上くらいでした。

順位 市町村名 投票率
37 入間市 27.53%

本人の実績や対立候補の経験値から考えて上田氏に入れざるを得なかったという判断も理解できるのですが、やはり自ら多選の弊害を理解して制定した多選自粛条例を自ら破って出馬したことがほとんど顧みられることなく圧勝してしまったのは大変残念な結果でした。

対抗馬の選択肢としては自民県連推薦の塚田氏しかなかったわけですが、ちょうど国政で安保法案や五輪関連のゴタゴタが続いていた時期であり、自民党陣営は避けられたという見方もあるかもしれません。

それ以前に今回は久しぶりに五名が立候補する中身のある選挙戦となったにも関わらず投票率が振るわず、地盤の固い現職に有利になった面もあるのでしょう。最も暑い時期で外出が難しい高齢者もいただろうし、お盆一週間前で家庭の事情で時間が取れない人も多かったのかもしれません。

結局知事選の間一人として候補者を見掛けることがなくて、選挙戦に関する報道もほぼ見掛けることなく終わりました。東京都知事選との落差に愕然とします。個人的にも平日はほぼ東京都内で働いていて埼玉県にいるのは夜寝るときだけみたいな生活ですから、埼玉県の政策課題と言われてもあんまり実感がなくて、きっと埼玉県の大部分はそんな感じなんだろうと推測します。

思うに、少なくとも首都圏に関しては地方自治体の単位と生活実感とがずいぶんとかけ離れてしまっていて、それがこの超低投票率に反映されているのではないでしょうか。そろそろ本格的に道州制とか地方自治体の抜本的な見直しが必要な時期なんじゃないかな、などと思う選挙でした。

関連記事

2015埼玉県知事選挙の候補者

LINEで送る
Pocket