スポンサードリンク

twitterに投稿された「色の見えない少女」というマンガが話題になっているようです。

Twitterユーザーのしらこさんが10月26日に投稿した「色の見えない少女」というたった4ページの漫画。「鳥肌が立った」「切なすぎです」と感動する声が静かに広がっている。

出典:「彼は私に色を教えてくれた」色覚障害を描いた漫画、静かな感動を呼ぶ

該当のツイートはこちらですね。

生まれつき色が見えなかった女の子が病院の中で出会った男の子との交流の中で少しづつ色が判別できるようになっていき、最終的に男の子の死という激しい刺激によって完全に色が見えるようになる、というストーリーです。

「切ない」「感動した」などの感想が殺到しており、多くのウェブメディアが話題の投稿として紹介しています。

ところで、以前このブログでも書いたのですが、私は先天性の色覚異常があるのですね。

参考:知っておいてほしい色覚障害のこと

なので色覚異常については当事者としてそれなりの知識があります。たった4ページのマンガですが、色覚異常に関して三点も誤解を招く表現があります。

色覚異常で白黒に見えることはない

色覚異常は一部の色の区別が付き難い状態で、その程度によって「色盲」「色弱」とも言われます。白黒に見える人がいないとは言い切れないかもしれませんが、相当に稀なケースです。

 「色盲とはすべてが白黒に見える状態」と思っている人が多いようですが、それは「色盲」という表現から生まれた誤解です。このため日本眼科学会では「色盲」という用語をすべて廃止しました。色覚に異常があっても区別のつきにくい色があるだけで、目に写る風景はカラーの映像です。

出典:色覚の異常

先天性の色覚異常は治らない

色覚異常には先天性と後天性とがありますが、先天性の色覚異常は今のところ治療法がありません。ましてや、外部の刺激、特に精神的なショックなどで色覚を得ることは考えられません。

 色覚の異常には、先天性と後天性があります。先天性の場合は原因が遺伝的なものなので、現時点では有効な治療法がない一方、色覚異常の程度は変化せず、また色覚以外の視機能は問題ないことがほとんどです。

出典:色覚の異常

色覚異常で寝たきりになることはない

マンガでは女の子と男の子が病院服を来ており、「ベッドの上から見るのとは/全然違うよ」というセリフがあります。女の子は色覚の異常以外に具体的な描写はありませんから、そのために入院生活を強いられているように解釈できます。

色覚異常は一部の色の区別が付き難いだけで、日常的な生活に支障はないし、他の身体的な異常を併発するケースは稀なはずです。

ただしその程度は人によって異なります。検査で指摘されない限り気付かない人もいれば、社会生活に支障を感じる人もいますが、多くのケースでは、色覚の異常のため日常生活に困ることはありません。

出典:色覚の異常

このように、あまりにも実態とかけ離れているし、作品中で色覚異常と明言しているわけでもないので、医学上の色覚異常とは異なる別の病気の症状で色覚に異常が生じている設定なのか、もしくは、何も調べずに印象だけで描いているかのどちらかだと思いました。最初に読んだときは。

ところが、私と同じ疑問を持つ人が作者本人に指摘をしたところ、以下のような回答をしています。

自分なりに調べて実態と違うことを承知の上で、感動するならいいだろうと言うことでこのような描写にしたとのことです。

これは極めて悪質な行為だと思います。

色覚障害者は日本人男性では20人に1人と言われていて、決して珍しい症状ではありません。しかし、私が実体験として周囲の人に打ち明けたときの反応を見ても、まったく色がわからないかのような誤解をしている人が大変多いように思います。

創作とは言え「感動するならいいだろう」という軽い気持ちで、特に身体的にどうにもならないことについて事実と異なる内容を拡散するのは、誤った認識を助長することにつながり、不適切な行為と言わざるを得ません。

私自身は色覚異常で何らかの不利益を被ったことはありませんが、現在でも色覚異常を理由として希望の職業に就けない人もいるのです。最近は差別を助長するとして健康診断で色覚検査をしないケースも増えているので、そのような職業を目指してがんばったのに、直前になって断念せざるを得ないという人もいます。

 神戸市の高校に通う男子生徒(18)は昨秋、消防士の採用試験直前に眼科に行き、色覚異常を知った。気付かず生活してきたが、赤が見えにくく、薄いピンクは白と区別できない。採用試験では身体検査で再検査に回され「頭の中が真っ白になった」という。
 「色の見え方が人と違うと感じたことはなかった」と男子生徒は語る。「消防士は小さいころからの夢。部活もやめて試験勉強を続けてきた。自分の努力は何だったのか」
 男子生徒は最終的に、色弱者向けの補正眼鏡の使用を認められ、再検査で合格した。「自分の特徴を知った上で、夢を目指すべきかどうか考えられる方が良かった」と話す。
(色覚異常:「早く知りたい」 差別批判で検査廃止10年- 毎日jp(毎日新聞)より引用)

創作とは言え、このようなデマに近い内容を「感動」を理由に発信し、拡散することは極めて悪質な行為です。

この作者やバイラルメディアに良識を求めても仕方ないかもしれませんが、安直にリツイート等で拡散させてしまった方々には、少しでも反省していただければと思います。

関連記事

知っておいてほしい色覚障害のこと
色盲・色弱は自衛官になれない

LINEで送る
Pocket

  • メタリカ学習帳

    事実を捻じ曲げ、誤解を与える事を元にして作るような感動話、こんなものに価値は微塵もないです。作る側も余りにも安易で、今まで生きてきて何を学んだのか、人を人足らしめている部分が欠落しているのかと、考えさせられます。せっかく指摘してくれている人がいるのだから、気づいて欲しいもんです。
    横溝正史御大.大先生の作品で、色覚異常が解決のカギとなる「仮面舞踏会」と云う小説があるのを思い出しました。
    私は以前、色覚異常に強い憧れを持っておりました。かっこよくて強力な個性だなと羨ましく思っていました。知識不足による、不謹慎で失礼極まりない感覚です。
    あと、あせもについて書かれておられるのを読みましたが、衣類と洗濯洗剤、両方の成分は大丈夫でしょうか。
    綿100%で肌触りの良いものが一番で化学繊維は駄目かな、と。洗剤も界面活性剤系より石けん成分かな。化学繊維や洗剤成分でアトピーになる人もいるみたいです。
    石鹸はシャボン玉石けんが個人的にお勧めです。自分は頭のてっぺんから足先まで石鹸しか使わない為、(無添加&低価格条件で)色々試しました。
    その中で一番良かったのがこれでした。使った後の肌がしっとりとして、肌のキメが細かくなる感じです。(たぶん)
    製造段階でよく練られているようで、石鹸自体も空気を含んでキメが細かく柔らかく、とても質が良いです。(たぶん)
    化粧が大嫌いで全くしないせいもありますが、この石鹸のおかげで肌トラブル一切なし、つやつやです。(たぶん)
    ご参考までにと思い、書いてみました。
    入間航空自衛隊の基地祭を検索してこちらに最近辿り着きましたが色々読みました、とても面白いです。
    博識な方ですね。文面から、主観的観測だけではなく、公平で広範囲の視点で物を見、尚且つ相手や第三者の事も思い遣られる、様々な面に於いてなめらかで相当深い感覚、感性、情感をお持ちの方のようですね。恐らく他の人の何倍も、一つの出来事に対し掘り下げて考え、人生の糧になさっているのではないかと。生来生まれ持ったものなのか、培われてきたものかは分かりませんが、要するに、スゴくいい人っぽいです。
    人間が本来持つべきである倫理観や道徳観から外れた人がとてもお嫌いで、潔癖といってもいい位に感じました、その為交際相手を選ぶ際に人としての素養はどうなのか、厳しい目で見ておられるのかな、と感じました。だから振るい落とされる方も多いのかな、と勝手に解釈してしまいました。
    でもいつか絶対、現れます。絶対に。
    とにかく休みの日には、外に出るのが一番大事だと思います、どこで出会いがあるか本当に判らないです。
    生意気言ってすみません。
    私も埼玉県人ですが東北部のため、西部方面は観光情報とイルマニア以外余り知りません。
    同じ県内よりも、隣接する他県の街情報の方が詳しいです。当たり前ですが。やはり交通網と、自然と耳に入るローカル情報は密接な関係にありますね。これも当たり前ですが。
    ぐだぐだ感想を書いて、申し訳ありません…。長々と失礼致しました…。
    これからも読ませて頂きます。ありがとうございました。

    • QJV97FCr

      メタリカ学習帳様、コメントありがとうございます。

      このような駄文を丁寧に読んでいただいて、いろいろとアドバイスまでいただいて心苦しい限りです。

      最近はアトピーもだいぶよくなりました。おっしゃる通り化学繊維は合わなくて下着は綿100%のものにしています。一番よかったのは今までタオルで身体を洗っていたのを素手で洗うようにしたことです。強く擦り過ぎて必要な皮脂まで落としていたのかもしれません。

      ご指摘のとおり、女性と会っていてもモラルやマナーに反するようなことをされると一気に興ざめしてしまうところはありますね。逆にそういう面が無い人には選んでもらえなかったりして、難しいものです。

      特にテーマを絞らずに気の向くまま書き散らしていますので、もしご興味のある話題があったらコメントなど残していただけると嬉しいです。
      今後ともよろしくお願いします。

  • アーム状

    確かに実際の色覚障害の現状とは異なるでしょう。障害者差別が現実問題としてあることも理解しているつもりです。しかし、だからといって「悪質だ」とは思えません。

     なぜなら、この作品ような「物語」は必ずしも真実が求められるわけではないからです。たとえば、四大名著の一つとして名高い『三国志演義』は史実と3割も違うと言われています。これは物語を良いものにするために、あえて現実とは異なることを描写しているためです。これにより読者は感動し、何百年経った今でもこの作品を持て囃している訳です。このように、物語ではより良いものを作るために「嘘」をつくことはよくあり、そのこと自体は間違ではありません。

     もちろん、この『色の見えない少女』を見て色覚障害者を誤解し差別する人もいるかもしれません。しかし、それは物語が悪いのではなく差別する人間が悪いでしょう。たとえば、科学技術は度々戦争の道具として使われますが、その罪を科学者に押しつけられるでしょうか。そうではなく、人を生かすこともできる技術を人殺しに使った人間こそが罪に問われるべきだと言えるでしょう。それと同様に、物語やその作者に他人の罪を擦り付けることは道理に合わないと私は思います。この作品自体は別に色覚障害者を差別している訳ではないので益々このことが言えます。

     このことから、私はこの『色の見えない少女』を「悪質だ」とは思えません。この作者は『SHIROBAKO』の16話で木下監督が言った「格好良く嘘をつく」という道理に従っただけだと思います。もちろん真実や現状を伝えることは大事でしょう。しかし、同時にその真実よりも大事なことがある世界もまた存在します。このことをご理解いただければありがたいと思います。

  • アーム状

    確かに実際の色覚障害の現状とは異なるでしょう。障害者差別が現実問題としてあることも理解しているつもりです。しかし、だからといって「悪質だ」とは思えません。

     なぜなら、この作品ような「物語」は必ずしも真実が求められるわけではないからです。たとえば、四大名著の一つとして名高い『三国志演義』は史実と3割も違うと言われています。これは物語を良いものにするために、あえて現実とは異なることを描写しているためです。これにより読者は感動し、何百年経った今でもこの作品を持て囃している訳です。このように、物語ではより良いものを作るために「嘘」をつくことはよくあり、そのこと自体は間違ではありません。

     もちろん、この『色の見えない少女』を見て色覚障害者を誤解し差別する人もいるかもしれません。しかし、それは物語が悪いのではなく差別する人間が悪いでしょう。たとえば、科学技術は度々戦争の道具として使われますが、その罪を科学者に押しつけられるでしょうか。そうではなく、人を生かすこともできる技術を人殺しに使った人間こそが罪に問われるべきだと言えるでしょう。それと同様に、物語やその作者に他人の罪を擦り付けることは道理に合わないと私は思います。この作品自体は別に色覚障害者を差別している訳ではないので益々このことが言えます。

     このことから、私はこの『色の見えない少女』を「悪質だ」とは思えません。この作者は『SHIROBAKO』の16話で木下監督が言った「格好良く嘘をつく」という道理に従っただけだと思います。もちろん真実や現状を伝えることは大事でしょう。しかし、同時にその真実よりも大事なことがある世界もまた存在します。このことをご理解いただければありがたいと思います。