スポンサードリンク

MID都市開発が行った「都心プチ脱出」に関する意識調査の結果が報道されていました。都心部に住む人の中で郊外への引っ越しを希望する人に、具体的にどのエリアへ引っ越したいかを聞いたものです。

 東京23区に住む1030人のうち、都心を脱出して郊外に住みたいと答えた人は20~40代で50%を超えた。エリア別では「湘南・鎌倉」が52・2%、2位は「高尾・八王子」(15・3%)、3位は「所沢・狭山」(6・2%)だった。指定市は対象から除外した。

出典:都心から移住するならどこ? 湘南・鎌倉、断トツの人気:朝日新聞デジタル

原典に当たって詳細を確認したかったのですが、見つかりませんでした。残念。

半分強の人が湘南・鎌倉エリアを選んで断トツとのことでした。驚いたのは所沢・狭山エリアが3位に付けていたことです。2位も八王子エリアとのことで、関東平野の西部山沿いあたりはイメージが良いことが窺われます。

私の地元入間市は所沢市・狭山市と隣接しているし、数年前には狭山市との合併協議もされていたくらいなので、一言物申す資格はあるだろうということで、ちょっと感想など書いてみようと思いました。

記事からは選択理由が定かではありませんが、とりあえず住人として他の地域にお住まいの方々へアピールしておきたい良いところ・悪いところを挙げておこうと思います。

良いところ

土地が安い

なんと言っても家が安いです。私は不動産広告を眺めるのが趣味なのですが、新築一戸建ての相場が2500万円程度(大体40坪くらい)です。前に住んでいた世田谷区あたりだと、同程度の新築一戸建てが5000万円程度ですから、概ね半額になります。住居費で数千万浮くとだいぶ人生設計が変わりそうです。

買い物が便利

大規模な商業施設が多いです。わが家から車で30分以内に行ける範囲でも、三井アウトレット入間(含むコストコ)、イオン入間店、イオン狭山店(旧カルフール)、イオン武蔵狭山店(旧ニチイ)、イオンモール武蔵村山(旧ダイヤモンドシティ)、ザ・モールみずほ16、などが挙げられます。国道16号と圏央道が通っているので物流網的に店舗を構えやすいんじゃないかと予想してるんですが、真相はよくわかりません。

災害に強い

真偽のほどはよくわからないですし天災に絶対はないですが、災害には強い地域だと思います。関東平野でも山沿いになるので地盤は固いと言われています。昔から立川断層が心配されていましたが最近の調査では切迫した状況にないという結果が出ています。当然ですが、海も遠いので津波は心配ありません。一番の心配は入間川の氾濫ですが、高台が多い土地なので住むところだけ気を付ければ大丈夫でしょう。

自然が豊か

他の地域から一番に感じるポイントがこれでしょう。全国的に有名なトトロの森を擁する狭山丘陵が身近にあるし、奥武蔵や奥多摩の山にも自動車で一時間もあれば行けてしまいます。入間川も飯能付近まで遡れば川遊びもできますし、夏には至る所でBBQをやってます。子どもをのびのびと育てたいという要望には十分に応えられることでしょう。

悪いところ

御飯処が少ない

都内と較べると圧倒的に外食できる店が足りません。国道沿いの大型店とかショッピングモールのフードコートとか、ファミリー向けのチェーン店がほとんど。もしくは住宅街のそばでご近所さん向けに営業しているような小料理屋とか。独りでふらっと気軽に入れる類の店は多くありません。家族向けでも基本はチェーン店なので、イベント事のときにちょっと良い物を食べに行きたいというニーズに応えられる店は限られます。

娯楽が少ない

繁華街と呼べるような場所がないので娯楽施設が乏しいです。気軽に近場で時間を潰せる娯楽と言えばパチンコくらいでしょうか。逆にパチンコ店は大盛況です。10時開店に行列ができています。

仕事がない

求人広告を見るのも趣味なんですが、地元での仕事はやはり少ないです。市内に工業団地があって、20年ほど前には製造業の工場が結構あったんですが、多くは撤退してしまって現在は物流拠点か食品工場になっています。そんな関係で、主な求人は、トラックドライバー、食品工場、ショップ店員、介護従事者といったところ。当然ほとんどは非正規雇用です。都心へ長時間通勤するのがデフォルトになるし、諸々の事情で地元で再就職しようと思ったら大幅な収入減は免れないでしょう。

自動車が必須

電車はそこそこの本数走っているし、駅近くに住めれば自動車がなくても生活はできます。しかし、そのような暮らしをするのであればメリットを十分に享受できないし、わざわざこんな郊外へ移る必要はありません。大体は平地なので軽自動車で十分ですが、自動車は必須になるでしょう。

まとめ

こうして特徴を並べてみるとどれもこの地域ならではといったものは何もない気がしてきました。良くも悪くも首都圏郊外には共通の特徴のような気がします。

一方で「郊外」という言葉からイメージされるものが一通り揃っている地域というのは、実は意外と多くないのかも知れないとも思えてきました。開発が進めば人口が増えて便利になるし、便利になれば地価は上がります。適度に便利で、適度に寂れている、そのバランスがうまく取れているのがこの地域なのかもしれません。

都心で働きながら都心から離れたところに住まう生活をすでに実践している私から言えるのは、そういう生活を望むのであれば埼玉県西部は十分に候補になり得る地域だと断言できる、ということです。

もし「都心プチ脱出」を本気で考えている人がいるなら、ぜひ前向きにご検討ください。

LINEで送る
Pocket