スポンサードリンク

これ。

私は現在スマートフォンにiPhone 5c、タブレットにNexus 7(2013)を愛用しています。iOSとAndroidはコネクタ形状が異なっていて、iOSはlightning、AndroidはmicroUSBという規格になっているのは皆さんご存知の通りです。

lightningケーブルはApple社が厳密にライセンス管理をしていて高価なのですが、最近ではダイソーを始めとする100円ショップでAppleの特許を回避した安価な製品が出回るようになっていました。私も少しでも荷物を軽くしたいので、ダイソーでmicroUSBをlightningに変換するコネクタを購入して、microUSBケーブル1本のみを持ち歩くようになっていました。

ところが、詳しくはよくわからないですが、最近このコネクタを使うと「認定されていないケーブル」みたいなメッセージが出て充電できないことが多くなっていました。絶対使えないわけではなくてたまに使えたり使えなかったりして、どういう条件でそうなるのかもよくわからない状況です。

いざという時に使えないのは困るなと思っていたところに先日は旅行中に充電できなくなって大変難儀しました。もう多少高くても認定済み製品を使った方がいろいろ捗るだろうという結論になり、新たにケーブルを購入することにしたのでした。

諸々調べた結果、今回購入したLP社の製品が評判良さそうだったのでさっそく購入しました。ビックカメラやヤマダ電機など回ったのですが見当たらず、結局在庫があったAmazonで購入しました。あまり小物を通販で購入するのは好きではないですが、背に腹は代えられません。

実際の使用感ですが、これはなかなか良いですね。

まずケーブルがナイロンメッシュ皮膜で大変頑丈にできています。スマホ等に標準で付属されるケーブルなどは樹脂製皮膜で簡単に断線してしまいますが、これなら安心です。

Lightningコネクタを使いたい場合には、microUSB端子に繋げる形でLightningコネクタを先端に取り付けることになります。microUSBもLightningもそれぞれ通常と同じコネクタサイズになっているので、Lighntningコネクタを使おうとするとコネクタの大きさが通常の2倍に長さになります。そのため充電しているとコネクタがスマートホンの尻の部分から突き出る形になるため、差し込んだままでいじっていると端子の先端からポッキリ折れてしまいそうな怖さがあります。

なんか危なっかしいなと思うだけでまだ壊れてもいませんから、実際には特に問題にはならないものかもしれません。それさえ気にしなければ使い勝手はまったく快適です。

あと一つ言えるとしたら、本製品はケーブル長が1.0mなのですが、異なる長さのバリエーション(例えばもう少し短く0.2mくらいとか)が用意されるとより良いんじゃないかと思います。

iOSデバイスとAndroidデバイスを両用している人は一本持っておくとよいです。絶対損はしないと思いますよ。

LINEで送る
Pocket