スポンサードリンク

気が付いたら2015年も大晦日を迎えていました。年が経つのが年々加速していくのを実感します。

2015年の一番大きな変化は、大学院を修了して2年ぶりに仕事以外に決まった用事がない生活に戻りました。新たに何かに取り組みたいと思いながらも、これと言ったものは見つからず、ただ無為に日々を過ごしてしまったように思います。

2年間の学生生活と1年間の実家生活でなまった身体を鍛え直すために、スポーツジムに入会したり積極的にランニングをしたりと肉体改造に取り組みましたが、実感するほどの効果は得られていません。辛うじて年齢による衰えを食い止められている程度でしょうか。放置するわけにもいかないので無理のない範囲で続けていくしかないのだろうと考えています。

仕事に関しては転職して4年になり、収入も転職前の水準を大きく超えるようになりました。国内の仕事は経験の少ないタイプの仕事でも効率的に処理することができるようになったのは実感しています。国内限定であれば独立しても十分な質のサービスを提供できるのではないかと考えられるようになりました。一方外国の仕事は今年ようやく本格的に中間対応が入って来るようになったので、周囲の人たちに指導を乞う必要がまだまだあります。一人前に仕事をこなせるようになるには、あと2年ほどはかかるのかなという感覚を持っています。

婚活に関してはあまり動く気力がなく、3つしかイベントがありませんでした。一つ目は同業者の婚活パーティで、カップル成立はしてしばらく定期的に会っていたんですが、事情があってお断りさせていただきました。一番の理由は叔母の紹介で見合いをしたからですが、年齢が同い年というのも引っ掛かっていました。二つ目は叔母に紹介された見合いで、あっさりとお断りされました。わざわざ新幹線で会いに行ったのに、本人にやる気がないのがひしひしと感じられて、本当に失礼な話だと思いました。でも、そんな家庭の人間と関わり合いになるのは人生の無駄ですから、早めにわかってよかったと思うことにします。三つ目は地元の放送局主催の婚活パーティで、またカップル成立となりました。その後も何度か会っていますが、条件的にはここ数年でも最も理想に近い人だと感じています。来年こそは何とか結果を出せたらいいなと思います。

そんなこんなで一年間、結果的には何も変化がなく、ただ日々を平穏に過ごしてきました。昨年は父が他界して実家に戻るなど人生の大きな節目があったので、バランスを取るためにもこういう年があっても悪くないかもしれません。来年はいよいよ前厄に入り、40代に突入しますので、不惑の年にふさわしい一年とできたらと願っています。

本年は大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

LINEで送る
Pocket