スポンサードリンク

秩父三大氷柱の一つ、あしがくぼの氷柱を観てきました。

西武秩父線芦ヶ久保駅から徒歩10分です。芦ヶ久保駅には道の駅『果樹公園あしがくぼ』が隣接しているので、車で行くことも可能です(ただし、ここの道の駅はいつも混んでるので電車の方が安心)。

平日は午後4時までですが、週末は日没から午後8時までライトアップしています。入場料として200円が必要です。

●開催期間 平成28年1月4日(月)~2月28日(日)
●鑑賞時間 午前9時~午後4時まで ライトアップ開催日(毎週金・土・日曜日)午後8時まで
●環境整備協力金:200円(中学生以上)
※おもてなしレディ(地元のボランティアの皆さん)が心を込めて作る甘酒または地元産の紅茶を1杯無料で提供します。(ライトアップ時は甘酒・紅茶の提供はございませんのでご了承ください。 )

出典:あしがくぼの氷柱

場所としては、このあたり。

道の駅から標識に従って10分ほど歩くとプレハブの管理所があります。そこで入場料を払って奥へ進み、西武鉄道の線路をくぐると正面に氷柱というか氷壁が広がっています。

tsurara1

日没直後に行ったので、ちょうどライトアップが始まったところでした。

tsurara2

川の右岸を進んだ先に氷壁を見上げるスポットがあります。そこから川を渡って、左手の高台に登ると全体が見渡せるようになっています。

tsurara3

高さはありますが足元はウッドチップが敷き詰められていて歩き易くなっています。高台の上には薪ストーブが設置されていて温まることもできます。

tsurara4

青や黄、赤など周期的に色が切り替わるので飽きずに見られます。美しい。

tsurara5

川の水を壁面に放水して人工的に氷柱を作り上げているようです。過去の写真と較べるとボリュームに欠ける面は否めず、やはり暖冬の影響は大きいようです。

秩父三大氷柱は他に、大滝の三十槌の氷柱と、小鹿野町の尾ノ内氷柱とがあります。それぞれ距離があるので一度に三つ回るのは難しいですが、いずれすべて観てみたいと思いました。

三十槌の氷柱(みそつちのつらら)
尾ノ内氷柱 | 小鹿野両神観光協会

LINEで送る
Pocket